HOME > Newton別冊・ムック > Newtonライト > 人体のしくみ

Newtonライト 人体のしくみ

      • 理系脳をきたえる! Newtonライト

 

 

Newtonライト 人体のしくみ

 

“生きる”を支える巧妙な人体の秘密

人体のしくみ

 2018年11月刊行の「Newtonライト」は,『人体のしくみ』です。

 食べ物を食べて消化したり,体を動かしたり。「生きる」ということは実はとてもたいへんなことです。
 それを平然とやってのけている人体の,巧妙で興味深いカラクリについて,とくに大事なところ,おもしろいところに焦点をしぼって紹介します!


 Amazonで買う 
 ISBN 978-4-315-52130-6
 B5変型判/64ページ
 発行年月日:2018年11月20日
 定価:本体680円+税
 

イントロダクション

人体は不思議でおもしろい!

 

食べた物のゆくえ

逆立ちしても食べ物を飲みこめる!

「胃液」が殺菌してくれるから,食べた物は腐らない

「十二指腸」で最強の消化液「膵液」を投入!

「小腸」は身長の3倍をこえるグネグネ道

「肝臓」は化学工場であり,貯蔵庫でもある

 

おしっことうんち 排泄のしくみ

「大腸」が水分を吸収するから,下痢を回避

血液をひたすらろ過。おしっこをつくる「腎臓」の献身

「膀胱」の壁は,尿をためると5分の1まで薄くなる

coffee break 便の成分は意外! 食べ物の残りかすは7%にすぎない

 

年中無休! 肺と心臓

「肺」は風船のように,縮む力で空気を吐き出している

「肺」には数億個の小部屋がある

「心臓」は1分間に牛乳パック5本分の血液を送る

 

地味だけど重要! 皮膚・骨・筋肉

痛みや温度などを感知できる「皮膚」のしくみ

「毛」も「つめ」も,実は皮膚のなかま

「骨」は1年間に約5分の1が入れかわっている

体はどうやって動いている?

coffee break 出産をこえるともされる「痛みの王様」とは?

 

超高性能! 感覚器官

「眼」のしくみはデジタルカメラとそっくり

「耳」に入った音波は約20倍に増幅される

「鼻」はかぎはじめの1秒しかにおわない

味のセンサーは, 「舌」の先や奥に集中している

 

からだの司令塔 脳と神経・ホルモン

「神経細胞」は,情報をどうやって伝えている?

「脳」には大脳のほか,中脳や小脳などがある

むずかしい思考は「大脳」におまかせ

体の動きの司令は,「脊髄」を通って筋肉に伝わる

影の支配者。「ホルモン」が体のはたらきを調整している

 

体内をかけめぐる血液と免疫

「血液」は多くの機能をもった流れる臓器

血液の成分の生産工場は,骨の内部の「骨髄」

「免疫システム」は,病原体から体を守る防衛隊

 


  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら