HOME > 書籍

新刊案内

A CURIOUS HISTORY 数学大百科

書籍 New!

A CURIOUS HISTORY 数学大百科
ジョエル・レビー(著),三谷政昭・飯田頌平(監訳),浅野ユカリ(訳)

 高度で難解なものに発展した現代数学。単純な数の計算から高度な現代数学まで,数学がどのように発展してきたのか,興味がありませんか?<br>
 数学はさまざまな人のひらめきや研究の積み重ねによって発展してきました。たとえば,アルキメデスが浮力の原理を入浴中に突然ひらめいたり,微分積分の発明の先取権をめぐってニュートンとライプニッツがはげしく対立したり,数学は数多くの逸話や物語に彩られた楽しい世界です。<br>
 本書は豊富なビジュアルを用い,古代の数字の概念から,最新のカオス理論に至るまで,数学の歴史を楽しく,わかりやすく解説します。

 


ISBN 978-4-315-52228-0
B5変型/284ページ

発行年月日:2020年4月15日

定価:本体2,600円+税

 


ザ・ヒストリー 科学大百科

書籍 New!

ザ・ヒストリー 科学大百科
トム・ジャクソン(著), 高橋昌一郎(監訳), 大光明宜孝(訳)

 電灯,電話,鉄道ー。現代の生活に科学技術は欠かせません。かつては石器で狩りをし,火打ち石や摩擦で火をおこしていた人類は,どうやって科学技術を生みだしたのでしょうか?<br>
たとえば,天文学に変革をもたらした望遠鏡は,子どもが2枚のレンズで遊んでいるときに偶然,生まれました。それから,産業革命をもたらした蒸気機関は,空気と圧力の研究から着想を得て生みだされました。<br>
 本書は石器時代をはじめ,中世の科学, 17世紀の科学革命から現代の宇宙論に至るまで,人類が歩んできた科学の歴史を時系列で解説。写真と図解をふんだんに使用し,さまざまな科学技術や理論をわかりやすく説明します。

 


ISBN 978-4-315-52229-7
B5変型/264ページ

発行年月日:2020年4月15日

定価:本体2,500円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 死とは何か

ニュートン式 超図解 最強にわかる!! New!

死とは何か
人が死ぬとき,体に何がおきる?
死と老化のすべてがわかる1冊!!

 この世に生まれたものは,いずれ老いて死にます。これはだれにもさけることのできない宿命です。私たちはなぜ老いて死ぬのでしょうか。死へと向かう過程で,体の中でいったい何がおきるのでしょうか。そして,生と死の境界は,いったいどこにあるのでしょうか。死や老化についての疑問はつきません。
 私たちヒトをはじめ,多くの生き物には寿命があります。しかし,大腸菌のように寿命をもたずに,いつまでも生きつづけられる不死の生き物もいます。実は,生命が誕生してからおよそ20億年の間,そいういった寿命をもたない生物ばかりだったと考えられています。それにもかかわらず,なぜ私たちヒトは,死ぬ宿命を背負うことになったのでしょうか。そこには「性」の誕生と深い関係があると考えられています。
 本書では,寿命や死,そして老化にまつわる不思議を“最強に”わかりやすく解説します。ぜひご一読ください!

 


ISBN 978-4-315-52224-2
A5判/カラー2色刷/128ページ

2020年3月23日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 宇宙

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! New!

宇宙
宇宙138億年のビッグヒストリー!
これ1冊で,宇宙のすべてが丸わかり!!

 私たちが地球から見上げる宇宙は,静寂に満ちた悠久の世界にみえます。しかし,それはちがいます。私たち人間には,誕生の瞬間や,エネルギッシュな青春,老い,そして死があります。宇宙も,まったく同じなのです。
 まさに今この瞬間にも,宇宙のどこかでは星が生まれ,死んでいこうとしています。死んだ星のかけらは,宇宙空間をただよったあと,また別の星を生みだす材料になります。大きなスケールでみれば,銀河どうしが猛スピードで接近し,衝突することもあります。宇宙は,ダイナミックな活動に満ちているのです。
 この宇宙は,どれほど広いのでしょうか。はるかな過去の宇宙では,いったい何がおきていたのでしょうか。本書は,宇宙誕生から現在までの138億年間の歴史と,宇宙の未来を“最強に”面白く紹介します。ぜひ,宇宙の壮大さにワクワクしてください!

 


ISBN 978-4-315-52225-9
A5判/カラー2色刷/128ページ

2020年3月23日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


1日1ページ 数学の教養365

書籍 New!

1日1ページ 数学の教養365
クリフォード・A・ピックオーバー (著)
小山信也(監訳), 佐藤 聡(訳)

 偉大な数学者がどんな名言を残したのか,知りたくありませんか。
たとえば「ピタゴラスの定理」で知られるピタゴラスは「数は真実の支配者であり,神と悪魔の母である」と,示唆に富む名言を残しています。

 本書は, 1日一つ,偉人の言葉を通して数学の教養が学べる一冊です。著名な数学者のほか,物理学者や小説家などの言葉も織り交ぜています。
365の教養を通し,数学とは単なる学問にとどまらない,芸術に似た領域であることがおわかりいただけるでしょう。

 美しき数学の世界をお楽しみください!

 


ISBN 978-4-315-52219-8
B5変型/408ページ

発行年月日:2020年3月10日

定価:本体2,800円+税

 


医学大事典

書籍 New!

医学大事典
ロバート・スネッデン(著)
高田龍平(監訳), 竹藪理恵子(訳)

 麻酔を用いた手術、抗生物質による治療―。現代ではあたりまえの治療方法が生まれたのは、わずか100年ほど前のことです。それまで、人々はどのようにけがや病気を治療してきたのでしょうか。
 医学は、細菌説からワクチン接種、ペニシリンの発見など、偉大な先駆者たちのブレイクスルー(大発見)によって発展してきました。
 本書は、そのような先駆者たちにスポットライトを当て、先史時代の原始的な治療法から現代の先端医療に至るまで、医学が発展してきた歴史を紹介した一冊です。感染症や麻酔など、医学を17のテーマに分け、写真と年表を用いてわかりやすく解説します。

 


ISBN 978-4-315-52218-1
B5変型/232ページ

発行年月日:2020年3月10日

定価:本体2,800円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 人体

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! New!

人体
わかりやすくて役に立つ。最強の一冊!
人体のしくみと構造をまるごと解説!!

 「人体」とは,私たち自身のことです。けれど,私たちは自分の体がどう動いているのか,そのしくみをどこまで知っているでしょう?
人体は,たとえ私たちが意識しなくても,呼吸する・食べたものを消化する・体温を保つ・排せつするといった,生命の活動に欠かせないはたらきを維持してくれます。また,見る・聞く・考えるといった情報処理,体を守る免疫機能やホルモンのはたらきまで,どんな精巧なコンピューターよりも優秀に人体を統制しています。実は,私たちは,とてもすごい機能に支えられて生きているのです。
 本書は人体のしくみを「消化」や「呼吸」といった,一連の流れに沿って解説していきます。複雑で精巧にできている人体の不思議を“最強に”面白く紹介する1冊です。ぜひご一読ください!

 


ISBN 978-4-315-52216-7
A5判/カラー2色刷/128ページ

2020年2月26日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 天気

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! New!

天気
天気のふしぎがすべてわかる!
天気の入門書,超決定版!!

 私たちにとって,天気はとても身近なものです。すかっと晴れわたった日は,とてもよい気分になります。一方で,出かける日に雨が降って,計画が台無しになったり,大雪が降って交通機関が止まったりして,たいへんな思いをすることがあります。
 このような天気の変化は,いったいどうしておきるのでしょうか?
 そこには,気温や水蒸気,雲に気圧,風など,大気のさまざまな状態が影響しています。大気の状態がダイナミックに変化することで,晴れから雨といった天気の変化が引きおこされるのです。私たちがふだんチェックする天気予報では,このような大気の状態を観測して,未来の天気を予想しています。
 本書では「雲はなぜ落ちないのか」「雨はなぜ降るのか」といった天気の基本から,天気予報のしくみ,そして世界各地の気候までを“最強に”面白く解説しています。本書を読めば,天気予報を見るのが一層楽しくなることでしょう。ぜひご一読ください!

 


ISBN 978-4-315-52217-4
A5判/カラー2色刷/128ページ

2020年2月26日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


ディープラーニング

書籍 New!

ディープラーニング
ジョン・D・ケレハー (著)
柴田千尋(監訳), 久島聡子(訳)

 昨今の人工知能の大きな進歩の多くは,ディープラーニングを基礎としたものです。
 この本の狙いは,ディープラーニングとは何か,どこに由来し,どのように機能するのか,何がディープラーニングによって可能になり,何が不可能なのか,今後10年でこの分野がどのように発展する可能性があるかということを,一般読者の皆様に理解していただくことです。
 本書はディープラーニングに関する入門書ですが,十分に奥深い内容となっています。入門書としてはもちろん,この分野への自信が深まったころに再読してもらうと,より一層理解が深まるはずです。

 


ISBN 978-4-315-52211-2
四六判/304ページ

発行年月日:2020年2月15日

定価:本体2,300円+税

 


天気と気象

書籍 New!

天気と気象 グラフィックヒストリー
アンドリュー・レプキン with リサ・メカリー (著)
渡部雅浩(監訳), 足立理英子(訳)

 この本では,人類と天気にまつわる100の場面が,年代順に次々と登場してきます。<br>
 その“探検"を進めるうちに,気象現象はもちろん,気候と人類との相互の影響,傘やワイパーといった発明の話など,さまざまなことを知ることができるしくみになっています。それぞれの場面はイラストや写真付きで紹介しているので,イメージをつかみやすくなっています。<br>
 天気や気象に興味がある人はもちろん,雑学を身につけたい人にもオススメの一冊です。

 


ISBN 978-4-315-52210-5
B5変型/240ページ

発行年月日:2020年2月15日

定価:本体2,100円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 虚数

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! New!

虚数
虚数の考え方がゼロからわかる!
史上最強の入門書!!

 虚数とは「 2乗するとマイナスになる数」です。
 中学校までに習うふつうの数では,プラス×プラスはプラスになり,マイナス×マイナスもプラスになります。つまり, 0でない数を2乗する(2回かけあわせる)と,かならずプラスの数になります。したがって,ふつうの数では「2乗してマイナスになる数」などというものは存在しないはずです。存在しないはずの数だから,うその数。すなわち虚数です。
 そのような虚数が一体何の役に立つのでしょうか。実は虚数は,科学の世界ではとても大きな役割をになっています。たとえば,ミクロな世界を物理学で解き明かそうとすると,虚数の計算が必要になります。さらには,私たちがくらす宇宙では,誕生時に「虚数時間」というものが流れていた,という理論も提案されています。
 本書では,とても不思議な数である虚数について“最強に”面白く紹介します。本書を読み終えるころには,虚数のありがたみが,きっと実感できることでしょう。虚数の世界をどうぞお楽しみください!

 


ISBN 978-4-315-52209-9
A5判/カラー2色刷/128ページ

2020年1月25日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


ひとくちサイズの数学

書籍 New!

ひとくちサイズの数学
クリス・ワーリング (著)
三谷政昭・飯田頌平(監訳), 中井川玲子(訳)

 学校で学ぶ教科の中でも,数学は最もむずかしく,複雑な教科のようによくいわれます。学生時代に数学につまずき,嫌いになった人もいるでしょう。そんな数学を本書はかんたんに,わかりやすく教えてくれます。
 本書は「数字」「比, 割合, 変化率」「代数」「幾何学」「統計」「確率」の六つで構成されます。基本的計算から虚数,ピタゴラスの定理,理論的確率まで,問題や日常生活での例を解きながら,楽しく学ぶことができます。読み進めていくうちに,学校で学んだ基礎的なことを思いだしながら,次第に数学の面白さを理解していくことができるでしょう。また,数学的な誤りが悲劇や喜劇を引きおこしたエピソード,数学者の短い伝記なども紹介していおり,読み物としても楽しめる内容となっています。
 数学を学び直したい方はもちろん,数学が得意で,数学力にさらに磨きをかけたい方にもぴったりの一冊です。

 


ISBN 978-4-315-52204-4
A5判/216ページ

発行年月日:2020年1月15日

定価:本体1,800円+税

 


データサイエンス

書籍 New!

データサイエンス
ジョン・D・ケレハー (著), ブレンダン・ティアニー (著)
今野紀雄(監訳), 久島聡子(訳)

 データサイエンスとは,収集した膨大なデータを,数学や統計の知識を駆使して分析し,問題を解決する科学です。現在,データサイエンスは現代社会のほぼすべての領域にわたって,人々の意思決定に多大な影響をおよぼしています。
 たとえば,インターネット上に表示される広告,映画や書籍のおすすめ,知り合いかもしれない人物の照会,迷惑メールの振り分けや,携帯電話の契約を更新した際に受ける優待,医薬品の創薬企画など,さまざまなビジネスの場面で使われています。
 本書は,データサイエンスのなりたちから進化,プロジェクトの標準的な段階や機械学習とのかかわりについて詳述した一冊です。データサイエンスの倫理的影響や最近のデータ規制についても紹介し,近い将来データサイエンスが影響をおよぼすと予測される分野の今後の動向と,データ分析を成功に導く重要な原則を解説しています。ぜひご一読ください!

 


ISBN 978-4-315-52203-7
四六判/304ページ

発行年月日:2020年1月15日

定価:本体1,800円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 化学

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! New!

化学
高校3年間の化学のエッセンスが
これ1冊ですべてわかる!!

 原子や元素,分子に周期表,イオン結合,有機物……。そんな言葉を化学の授業で聞いたけれど,自分たちには関係のない,遠い世界の話だと思った人もいるのではないでしょうか。でもそれは,大きなまちがいです。
 化学は,物質の構造や性質を解き明かしていく学問です。その成果は,私たちの身のまわりのあらゆるところで見ることができます。たとえば,毎日使うスマートフォンからコンビニのレジ袋,医薬品まで,生活の中で利用する多くのものが,化学の知識を元に生み出されているのです。私たちの生活は,化学がなければ成り立たないといえるでしょう。
 本書では,さまざまな現象にかかわる化学を“,最強に"面白く紹介しています。化学を勉強している中高生や,学生時代に挫折してしまった人にピッタリの1冊です。ぜひご一読ください!

 


ISBN 978-4-315-52202-0
A5判/カラー2色刷/128ページ

2019年12月25日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 物理

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! New!

物理
高校3年間の物理のエッセンスが
これ1冊ですべてわかる!!

 「物理」という言葉に対して,「むずかしそうだ」と思っている人は,少なくないでしょう。でも,そんな印象で物理を敬遠していたとしたら,それは,とてももったいないことです。
 物理とは,自然界のルールを探る学問です。たとえば,あなたの乗っている電車が急ブレーキをかけると,あなたは大きく前に倒れそうになるでしょう。これは「慣性の法則」というルールによる現象です。このように物理は,私たちの生活のあらゆる場面と関係しているのです。物理を知れば,世界を見る目がかわり,普段の生活がより楽しくなるはずです。
 本書では,さまざまな現象にかかわる物理を“最強に”面白く紹介しています。むずかしい計算はいっさい必要ありません。一読すれば,物理のエッセンスがみるみる理解できるはずです。ぜひご一読ください!

 


ISBN 978-4-315-52197-9
A5判/カラー2色刷/128ページ

2019年11月25日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


パラドックス

書籍 New!

パラドックス
マーガレット・カオンゾ(著)
高橋 昌一郎(監訳) 増田 千苗 (翻訳)

 「パラドックス」とは,正しくみえる前提や論理から,納得しがたい結論に行き着いてしまう問題のことです。その歴史は古く,古代ギリシャまでさかのぼり,これまでさまざまなパラドックスと,それに対する解決策が生み出されてきました。
 パラドックスはパズルのようなもので,面白いけれども,日常生活とは何のかかわりもないと思われがちですが,日々の会話や生活の中で直面するジレンマの中に見いだすことができます。本書を読み進めていくうちに,パラドックスの解決策は,日常生活と関係があることがわかるでしょう。本書を通してパラドックスの解決策を学ぶことで,日常で直面するパラドックスに対処できるようになるはずです。

 


ISBN 978-4-315-52192-4
A5判/256ページ

発行年月日:2019年11月15日

定価:本体1,500円+税

 


人工知能グラフィックガイド

書籍 New!

人工知能グラフィックガイド
ヘンリー・ブライトン(著)
岡崎 直観(監訳) 浅野 ユカリ (翻訳)

 チェスや囲碁の世界チャンピオンを負かすコンピューターに,人間とコミュニケーションをとることができるヒト型ロボット……。現在,人工知能は急速に発展しています。しかし,人工知能の“知能”は,人間の知能にどの程度近づいたのでしょうか。機械は本当に,人間のように考えることができるのでしょうか。

 本書は,人工知能の研究と開発の歴史をたどりながら,人工知能とは何かをイラストで解説した一冊です。人工知能の基本的な概念から,原理,哲学的な問題までを紹介します。

 


ISBN 978-4-315-52191-7
A5判/192ページ

発行年月日:2019年11月15日

定価:本体1,600円+税

 


ニュートン式超図解 最強に面白い!! 人工知能

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! New!

超ひも理論
世界は「ひも」でできている!
ゼロから学ぶ最先端の物理学!!

 「身のまわりの物質はすべて,極めて小さな『ひも』が集まってできている」。これが,物理学の最先端の理論である「超ひも理論」の考え方です。
 物質をどんどん細かく分割していき,最後にたどりつくと考えられる究極に小さい粒子を「素粒子」といいます。素粒子を直接目にした人はおらず,素粒子がどのような姿かたちをしているのかは不明です。超ひも理論とは,この素粒子が極小のひもだと考える理論なのです。
 超ひも理論によると,実はこの世界は,縦・横・高さの「3次元空間」ではなく「 9次元空間」だといいます。さらに,私たちが暮らす宇宙とは別に,無数の宇宙が存在する可能性があるといいます。超ひも理論は,にわかには信じがたい, SFのような世界を予言しているのです。本書では,「超ひも理論」の不思議な考え方を“最強に”面白く紹介します。ぜひご一読ください!

 


ISBN 978-4-315-52190-0
A5判/カラー2色刷/128ページ

2019年10月25日から,全国の書店で順次発売

定価:本体900円+税

 


細胞の分子生物学 第6版

生命科学関連書

THE CELL
細胞の分子生物学 第6版
 

世界10か国語以上に翻訳され,世界中で読まれている第一級のテキスト『細胞の分子生物学』の最新版がついに発売となります。「第6版」は最新情報を網羅した大幅改訂版です。

ALBERTS / JOHNSON / LEWIS / MORGAN / RAFF / ROBERTS / WALTER

監訳:中村桂子・松原謙一
翻訳:青山聖子・滋賀陽子・田口マミ子・滝田郁子・中塚公子・羽田裕子・船田晶子・宮下悦子・斉藤英裕


ISBN 978-4-315-52062-0
A4変型判/オールカラー/1,584ページ
発行年月日:2017年9月15日
定価:24,084円(本体22,300円+税)

 

既刊

FAQ