HOME > 科学雑誌Newton > 次号予告

次号予告

    • newton_title01.gif

    •  2019年2月号  

    次号(2019年2月号)は,2018年12月26日発売予定

  • newton_btn_subscription.gif

 Newton Special

大特集

 

天気のふしぎがよくわかる!気象のしくみ

私たちにとって,天気はとても身近なことがらです。朝おきてテレビやスマホなどでその日の天気予報をチェックする,といったことは,多くの人が日ごろ行っているでしょう。大雪が降ったり,台風がやってきたりすれば,私たちの生活に大きな影響をあたえます。
 「晴れ」や「雨」といった毎日の天気の変化は,どうしておきるのでしょうか。それを決めているのが,大気の流れや気圧の変化,それによって生じる雲といった大気の状態です。大気の状態は,場所や時間,季節などによってさまざまに変わります。そのダイナミックな大気の状態の変化によって,「気象現象」が引きおこされるのです。
 次号のNewton 2019年2月号では,私たちの日々の生活と切っても切れない「気象のしくみ」を大特集します。「雲はなぜ落ちてこないのか」,「雨はなぜ降るのか」といった気象現象の基本から,日本の四季を特徴づける大規模な気圧と風のしくみ,そして台風や集中豪雨といった災害につながる可能性のある激しい気象現象までをわかりやすく解説します。どうぞご期待ください。
 


 

upcomingNS1901.jpg

主な内容

PART1 雲と雨のしくみ

●雲はなぜ落ちてこないのか? 上昇気流と水蒸気が生み出す雲の正体
●意外に知らない,雨が降るしくみ。雲の中でどのようにして雨粒が生まれるのか?
●天気がくずれるサイン。天気予報で耳にする「大気が不安定」って何?
 

 

PART2 天気を左右する風のしくみ

●風が吹きこむ「低気圧」,風が吹き出す「高気圧」は,なぜ生まれるのだろうか?
●日本はなぜ世界有数の豪雪地域なのか? 「西高東低」の冬の気圧配置と雲の関係
●天気はどうして西から東に変わるのか? 日本の天候を左右する「偏西風」
 

 

PART3 災害につながる気象

●台風の「眼」はなぜできる? 無数の積乱雲が渦を巻く台風のしくみ
●集中豪雨はなぜおきる? 列をなして生まれつづける積乱雲
●「スーパーセル」が生み出す巨大竜巻の脅威
 

 

PART4 データ編

●世界各地の気候分布をながめてみよう
●天気予報で耳にする気象用語集
●予報に欠かせない天気図を読み解こう
 ほか
 

 

 


 

  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら