HOME > 科学雑誌Newton > 次号予告

次号予告

    • newton_title01.gif

    •  2019年10月号  

    次号(2019年10月号)は,2019年8月26日発売予定

  • newton_btn_subscription.gif

 Newton Special

特集

 

ゼロからの三角関数 

 

サイン,コサイン,タンジェント。これらは,高校の数学で学ぶ「三角関数」とよばれるもので,直角三角形の「角度」と「辺の長さ」の関係をあらわす関数です。三角関数なんて,実生活で使ったことがない,という人もいるかもしれません。しかし実際には,三角関数は社会でとても役に立っています。三角関数なくして,現代社会はなりたたないといっても過言ではないのです。
 人類が三角関数の便利さに気がついたのは,最近のことではありません。三角関数の利用は,紀元前にまでさかのぼります。人類は古代から,三角形がもつ性質を利用して,測量や天文学,そして科学を発展させてきたのです。
 次号の特集では,いまや人類になくてはならない存在となった三角関数を,徹底的にやさしく解説します。「こんなにカンタンなんだ」「こんなに役立つんだ」と実感しながら,高校の数学で学ぶ三角関数の基本を,楽しく身につけましょう。

 

 

upcomingNS.jpg

 

主な内容

● 「1辺とその両端の角」が決まれば,三角形が決まる。これを利用したのが「三角測量」。
● 古代ギリシアの天文学者たちは,三角測量を宇宙にもちこんだ。これが三角関数の起源。
● 江戸時代に正確な地図をつくった伊能忠敬は,つねに「三角関数の表」を携帯していた。
● 分度器とコンパス,そして定規さえあれば,サインもコサインもタンジェントもはかれる。
● 「余弦定理」や「正弦定理」を使いこなせば,2点間の距離を計算で求められる。
● 円運動,ばねの振動,音・光・地震などの波。これらを理解するには,三角関数が必須。

 

 Newton Special

第2特集

 

ストレスの心理学 

 

現代人は,つねに何らかのストレスに悩まされています。会社で残業ばかりしていたり,友人のSNSの投稿をみてうらやましく思ったり……。ストレスを感じる原因は,さまざまです。ストレスを感じる「心のしくみ」を,心理学や脳科学で読み解き,ストレスとの付き合い方を見直してみましょう。

 

 

upcomingNS.jpg

 

主な内容

● ストレスには,良いストレスと悪いストレスがある。
● 私たちは,ストレスから心を無意識に守っている。
● 悪いストレスを感じやすい,思考のくせとは?
● 物事のとらえ方を見つめ直して,ストレスを制御しよう。

 

 


 

  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら