HOME > 科学雑誌Newton > 次号予告

次号予告

      • newton_title01.gif

      • 2022年3月号  

      次号(2022年3月号)は,2022年1月26日発売予定

       

    • 定期購読のお申し込みはこちら

 

 Newton Special

特集

「無」と「存在」の謎

 

この宇宙は,たくさんの恒星や惑星,あるいは私たちのような生命体など,さまざまな存在で満たされています。いわば「有」の世界です。

では,「有」の逆,つまり「無」とは何でしょうか。たとえばある空間からすべての原子や分子を取り除いた真空をつくれば,そこは無の空間とよべるでしょうか?

しかし物理学によれば,真空も無ではないといいます。何もないはずの真空には,「場」とよばれる存在が満ちているというのです。さらには,この宇宙,つまり「有」の世界も,時間も空間も存在しない「究極の無」から生まれたのかもしれないとさえ考えられています。つまり無とは,何の現象もおきない,たんなる「空虚」ではないのかもしれないのです。それではいったい,無とは何なのでしょうか?

次号の特集では,現代物理学の観点から「無」について考えていきます。さらには,無や存在の本質について考えた哲学も紹介し,深遠なる無の世界にさまざまな角度から切りこみます。ぜひご期待ください!

 

  

 

upcomingNS.jpg

 

主な内容

●箱の中からすべての原子を取りだせば,「無」の空間ができるか?

●電子の存在を決めているのは,人間による観測だった

●「扉の向こうのイス」は存在するか?イギリスの哲学者がとなえた「経験論」

●無をめぐる究極の謎。無から有を生みだすことはできるか?

●この宇宙は,実は「差し引きゼロ」なのかもしれない

●なぜ,この宇宙は「無」ではなく「有」なのか?

 

 


 

 


 

第2特集

人類の発展史

 

現生人類の祖先は約20万年前に生まれ,長い時間をかけて高度な文明を発展させてきました。人類は,なぜここまで繁栄することができたのでしょうか?次号の第2特集では,「言語・文字」「宗教」「金属」「家畜・栽培」「感染症」「科学」「エネルギー」「移動手段」という八つのキーワードから,人類の歴史をダイジェストでみていきましょう。

 

  

 

upcomingNS.jpg

 

主な内容

●人類は文字の発明によって“外部記憶装置” を手に入れた

●ペスト,スペイン風邪,新型コロナ。人類は感染症によって幾度も変革を迫られた

●科学の力で,人類は眠っていたエネルギー源を次々と解放してきた

●フロンティアを開拓しつづけてきた人類。次にめざす新世界こそが「宇宙」

 

  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら

FAQ