HOME > 科学雑誌Newton > 次号予告

次号予告

      • newton_title01.gif

      • 2020年4月号  

      次号(2020年4月号)は,2020年2月26日発売予定

       

    • 定期購読のお申し込みはこちら

 

 Newton Special

特集

 

無と存在

 

「あなたの体は,ほとんど空っぽで“無”と大差ない」といわれたら,どう感じるでしょうか? 実は,現代物理学にもとづいて考えると,あなたの体どころか,あらゆる物体はスカスカで,ほとんど“無”といっても過言ではありません。無と有の境界はあいまいなのです。

 一方,宇宙のはじまりについて,「宇宙は“無”から生まれた」という仮説があります。この場合の“無”とは,物質や光がいっさい存在しないだけでなく,空間や時間さえも存在しない状態だといいます。しかし,そもそも「無が有(存在)を生む」なんてことがありえるのでしょうか?

 本特集では,主に現代物理学にもとづいて「無と存在(有)」の謎にせまっていきます。特集を読み終えたころには,あなた自身の存在すら,あやふやなものに思えてくることでしょう。

 

upcomingNS.jpg

 

主な内容

●「色」はあなたの脳がつくりだす幻。心の中にしか存在しない

●あなたの体積はゼロ!?「無」と大差ない?

●見ていないとき,月は存在していない?

●素粒子の配置があなたとまったく同じ人がいたら,それはあなたと“同一人物”か

●放射線が放たれるとき,実は「無」から「有」が生じている

●相対性理論のおどろきの結論。「空間も“物理的な存在”である」

宇宙は“無”から誕生した? この場合の“無”とは何か

この宇宙に存在するすべては幻かもしれない

 

 


 

  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら

FAQ