HOME > Newton別冊・ムック > Newtonライト > 佐藤勝彦博士が語る 宇宙論のきほん

Newtonライト 佐藤勝彦博士が語る 宇宙論のきほん

      • 理系脳をきたえる! Newtonライト

 

 

Newtonライト 宇宙論のきほん

 

宇宙はいつからある? 宇宙に“外側”はある?

佐藤勝彦博士が語る 宇宙論のきほん

 2018年11月刊行の「Newtonライト」は,『佐藤勝彦博士が語る 宇宙論のきほん』です。

 宇宙はいったい,どこまで広がっているのでしょうか。いったい,いつからあるのでしょうか。
 そんな誰もが知りたいと思う宇宙のなぞを解き明かすのが,「宇宙論」です。驚きに満ちあふれた宇宙論の世界を,どうぞお楽しみください。


 Amazonで買う 
 ISBN 978-4-315-52129-0
 B5変型判/64ページ
 発行年月日:2018年11月20日
 定価:本体680円+税
 

ダイジェスト「宇宙論」

宇宙の姿かたちや歴史を解き明かす「宇宙論」

現代宇宙論のスタート地点「宇宙の膨張」

現代宇宙論の基礎「ビッグバン」

現代宇宙論最大のなぞ「宇宙に満ちる見えない何か」

最新宇宙論で考える「宇宙に“外側”はある?」

coffee break 古代エジプトの宇宙観とは?

 

銀河は無数にある

「天の川」が,天を流れる川にみえるのはなぜ?

天の川銀河のそとに,ほかの銀河がみつかった

 

宇宙は膨張している

銀河は,宇宙に静止している?

大発見! 遠くの銀河ほど速く遠ざかっている

つまり宇宙は,膨張している

なぜ,私たちの体は膨張しない?

coffee break プトレマイオスの「天動説」とは?

 

灼熱の初期宇宙 ビッグバン

宇宙が膨張しているなら,昔は小さかったことになる

大昔の宇宙では,原子もバラバラだった

 

ビッグバンの証拠

ビッグバン宇宙論に,反論する人もいた

ビッグバンの証拠が,ついに見つかった

ビッグバンの前には,何があった?

coffee break コペルニクスの「地動説」とは?

 

宇宙に満ちる見えない何か

未知の重力源がないと,つじつまがあわない

なぞにつつまれた,ダークマターの正体

いったい何が,宇宙の膨張を加速させるのか

宇宙の成分の,なんと95%は正体不明

coffee break ケプラーの太陽系像とは?

 

宇宙に“外側”はある?

ずっと遠くの宇宙は,どうなっている?

観測可能な宇宙の大きさは,どれくらい?

小さかったころの宇宙には,“端”があった?

宇宙の空間は,曲がっている? いない?

 

別の宇宙,異次元空間

私たちの宇宙が,唯一の宇宙なのだろうか

私たちの宇宙は,10次元時空かもしれない

 


  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら