Newtonライト2.0 宇宙論

      • 理系脳をきたえる! Newtonライト

 
 

 

Newtonライト2.0 宇宙論

 

宇宙の138億年と未来がよくわかる

宇宙論

 2020年11月刊行の「Newtonライト2.0」は,『宇宙論』です。

 宇宙は今も昔も,私たちの好奇心をかきたてるなぞに満ちあふれています。宇宙のはじまりはいったいどんなものだったのか。そして,宇宙の未来はいったいどうなるのか。本書は「宇宙論」のきほんを,人気のテーマごとにやさしく解説した1冊です。


 Amazonで買う 
 ISBN 978-4-315-52294-5
 B5変型判/80ページ
 発行年月日:2020年11月25日
 定価:本体850円+税
 

ダイジェスト「宇宙論」

宇宙の歴史を解き明かす「宇宙論」
宇宙論のきほん「宇宙の膨張」
宇宙論からみえてくる「ビッグバン」
宇宙論最大のなぞは「見えない何か」
宇宙論からせまる宇宙の果て
予想される宇宙の三つの未来
 

宇宙は膨張している!

銀河の動きは光の観測でわかる
遠くの銀河ほど速く遠ざかっている
ハッブルの法則は宇宙の膨張を意味する
私たちの体は,なぜ膨張しない?
coffee break プトレマイオスの「天動説」とは?
 

灼熱の初期宇宙ビッグバン

宇宙は“大爆発”からはじまった!
誕生当時の宇宙では,原子もバラバラだった
ビッグバン宇宙論を否定する学者もいた
ビッグバンの証拠が,ついに見つかった
なぞの電波は,“灼熱宇宙”のなごり !
宇宙が冷えるまで,光は直進できなかった
宇宙の超急膨張「インフレーション」
宇宙は“無”から誕生した?
coffee break コペルニクスの「地動説」とは?
 

宇宙を満たす見えない何か

宇宙には未知の重力源が存在する?
なぞにつつまれたダークマターの正体
ダークマターの正体にせまる
ダークマターを宇宙で観測する
膨張速度を加速させる“何か”
ダークエネルギーが,膨張を加速させる
宇宙の成分の95%は正体不明
 

宇宙に“外側”はあるのか

ずっと遠くの宇宙は,どうなっている?
観測可能な宇宙の大きさは?
宇宙空間は,球の表面に似ている?
宇宙の空間は,曲がっているのか?
宇宙は無数に生まれつづけている?
coffee break ケプラーの太陽系像とは?
 

宇宙の未来を考える

宇宙の未来は膨張のペースで決まる
引き裂かれる宇宙「ビッグリップ」
押しつぶされる宇宙「ビッグクランチ」
宇宙は10次元時空かもしれない
coffee break 私たちの宇宙は,50回目の宇宙?
 


  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら

FAQ