HOME > Newton別冊・ムック > Newtonライト > 3時間でわかる 化学

Newtonライト 3時間でわかる 化学

      • 理系脳をきたえる! Newtonライト

 

 

Newtonライト 3時間でわかる 化学

 

中学・高校の化学がすぐにわかる!

3時間でわかる 化学

 2019年6月刊行の「Newtonライト」は,『3時間でわかる 化学』です。

 中学や高校で,ものは何でできているのか,原子とは,分子とは,元素とは? といったことを習ったと思います。さまざまな工業製品や医薬品など,化学の産物が私たちの生活を支えています。化学の基本を理解しておけば,役にたつことがたくさんあるでしょう。


 Amazonで買う 
 ISBN 978-4-315-52166-5
 B5変型判/64ページ
 発行年月日:2019年6月25日
 定価:本体680円+税
 

原子について考えよう

すべては原子でできている
原子の“中身”を見てみよう
ボーアが考えた原子モデルとは
現代科学がたどりついた原子の姿
 

周期表とはなんだろう

周期表は150年かけて現在の形になった
元素の性質はどのようにして決まるのか
水にも反応する「アルカリ金属」
多彩な化合物をつくる「炭素の仲間」
どんなものにも反応しにくい「貴ガス」
「金属」は電気を流したり,変形したりできる
ハイテク製品に不可欠な「レアアース」
coffee break ダイヤモンドは燃やせる
 

原子や分子は結合する

原子どうしのつながり方は3種類ある
分子どうしを結びつける「水素結合」
あらゆる分子にはたらく「ファン・デル・ワールス力」
物質は,気体,液体,固体に変化する
気体の体積は,圧力と温度によって変化する
coffee break サッカーボール形の分子
 

イオンの不思議な力

電池を使った実験でイオンが発見された
原子とイオンの違いは電子の数
周期表の縦の列は,電子の増減が同じ
イオンは,電気の力で結合する
イオンの結晶は,ばらけて水にとける
 

現代社会に欠かせない有機化学

有機化学は炭素が主役
炭素は,結合する手を四つもつ
有機物の姿を決める炭素のつながり方
有機物の性質を決める「官能基」
身のまわりにあふれる人工の有機物
天然の有機物をヒントに,薬が開発されてきた
 

中学・高校で習う物理・化学

学習指導要領(2018年告示)と本書の内容
 


  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら