HOME > Newton別冊・ムック・増刊 > 生物学 > 体をととのえる 自律神経の取扱説明書

ニュートン別冊 体をととのえる 自律神経の取扱説明書(2023年12月5日発売)

ニュートン別冊

体をととのえる
自律神経の取扱説明書

 

戦闘モードと休息モードを
じょうずに切り替えよう

体をととのえる<br/>自律神経の取扱説明書
 
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52768-1
A4変型判並製/カラー4色刷/144 ページ
発行年月日:2023/12/25
定価:1780 円(税込)

 

 

 「なんとなく調子が悪い」「気分がすぐれない」。そのような不調は自律神経が原因かもしれません。自律神経は呼吸,心拍数,消化などの機能を調節する重要なシステムで,私たちの体は自律神経によって無意識のうちにつねにちょうどよくととのえられているのです。近年,自律神経に関する研究が進み,自律神経の乱れが病気に対抗する免疫力にまで影響をあたえることがわかってきました。
 本書では,自律神経とは何かといった基本から,そのくわしいメカニズム,ストレスに対処するさまざまな連係プレー,自律神経の乱れが引きおこす症状などを豊富なイラストと図表でくわしく解説していきます。体の調子をととのえる具体的な方法も多数紹介しました。本書を読んで,心も体も豊かな生活を手に入れてください!

 

CONTENTS

  • プロローグ

    【試し読み】

    newtonB_AutonomicNerves_202312_004-005_Prologue.jpg

    1.自律神経と現代社会

    【試し読み】

    newtonB_AutonomicNerves_202312_008-009_No1.jpg

    自律神経とは何か
    交感神経
    副交感神経
    24時間のリズム
    年齢
    胎児から少年期まで
    性成熟期以降
    高齢者
    感情と自律神経
    ストレスとは
    ストレスと自律神経
    孤独
    自律神経と免疫系
    ストレスと免疫力
    特殊な環境下で働く人々
    自然環境
    現代社会と自律神経
    コロナ禍の影響
     
    2.自律神経がはたらくメカニズム
    神経系
    神経の伝達速度
    神経細胞
    神経伝達物質
    中枢神経と末梢神経
    信号が伝わる方向
    交感神経・副交感神経
    内臓求心性線維
    腸管神経系
    アドレナリン
    column 1 自律神経発見までの流れ
    column 2 学際的なとらえかたで自律神経系を説明しようとするポリヴェーガル理論
    column 3 自律神経の乱れをほうっておくと病気になるか?"
     
  • 3.自律神経失調症セルフチェック
    自律神経失調症
    自律神経失調症とは
    セルフチェック
    自律神経失調症の原因
    病院へ行くかどうか
    心療内科
    関連する病気
    まちがわれやすい病気
    うつ病とのちがい
    column 4 手足への刺激は脳の血流をふやし,認知症の予防が期待される
    column 5 スマホのアプリでチェックする
     
    4.診断と治療の最前線─医療機関で治す
    診断基準
    自律神経機能検査
    心のチェック
    さまざまな療法
    薬物療法
    心理療法
    物理療法
     
    5.自律神経のととのえ方

    【試し読み】

    newtonB_AutonomicNerves_202312_130-1361_No5.jpg

    自律神経のバランス
    生活のリズム
    日中のすごし方
    夜のすごし方
    睡眠
    香り
    呼吸
    入浴
    食生活
    喫煙と飲酒
    運動
    瞑想
    休養
    ストレス解消
     

FAQ