HOME > Newton別冊・ムック・増刊 > 天文学・地学 > 最新予測 巨大地震の脅威

ニュートン別冊 最新予測 巨大地震の脅威(2024年1月13日発売)

ニュートン別冊

最新予測 巨大地震の脅威

 

関東大震災から100年
知っておくべき地震のしくみと防災知識

最新予測 巨大地震の脅威
 
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52779-7
A4変型判/オールカラー/176 ページ
発行年月日:2024/01/30
定価:1980 円(税込)

 

 

このたび、令和6年能登半島地震により被害を受けられた皆さまに 心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 なぜ日本列島は大きな地震にたびたび襲われるのでしょうか。それは日本が四つのプレートがぶつかり合うという,世界的にもめずらしい場所に位置しているからです。本書ではまず,地震の基礎知識についてわかりやすく解説し,日本全国の危険な活断層や,各地の地震発生確率,世界の巨大地震とプレートとの関係などを紹介しています。そして,津波による甚大な被害がもたらされた,2011年の東北地方太平洋沖地震の真相にも迫ります。
 本書では,発生確率が高く,発生すると大きな被害が予想される南海トラフや首都圏直下地震について,そのメカニズムや被害予測をくわしく解説しています。また,地震と関連が深い火山の噴火についてもみていきます。ぜひご一読ください。
(この本は令和6年能登半島地震の発災前に編集しました)

 

CONTENTS

  • プロローグ 写真で見る地震の被害
    東北地方太平洋沖地震(2011年) ①〜②
    熊本地震(2016年)
    北海道胆振東部地震(2018年)
    福島県沖地震(2022年)
    モロッコ地震(2023年9月)
    アフガニスタン地震(2023年10月)
     
    1 地震の基礎知識

    【試し読み】

    newtonB_earthquake_202401_No2_Part1.jpg

    近年の大きな地震
    地震が発生する場所
    地震の種類
    マグニチュードと震度
    日本の活断層マップ
    活断層と地表の地形
    主な活断層マップ: 九州地方,中国·四国地方
    主な活断層マップ:近畿地方
    主な活断層マップ:中部地方
    主な活断層マップ:関東地方
    主な活断層マップ: 東北地方,北海道地方
    全国地震動予測地図
    Column 1 緊急地震速報
    Topics プレートで読み解く世界の巨大地震
    Topics 「空白域」でおきた地震 トルコ・シリア大地震
     
    2 東日本大震災の真相
    なぜM9地震はおきたのか?
    地震の発生源「アスペリティ」
    M9の震源をさぐる
    3.11におきたこと
    津波
    本震発生までにおきたこと
    M9となった原因
     
  • 3 南海トラフ巨大地震

    【試し読み】

    newtonB_earthquake_202401_No2_Part3.jpg

    想定震源域
    巨大地震の周期性
    震度予測
    巨大津波
    超広域複合災害
    津波の予測 ①〜③
    Column 2 深部探査船「ちきゅう」と南海トラフ
     
    4 首都圏巨大地震
    首都を襲う地震 ①〜④
    甚大な被害 ①〜⑥
    Column 3 関東地震の頻度は想定以上
     
    5 巨大地震に備える
    首都直下地震の被害想定 ①〜②
    関東フラグメント
    応力伝播
    南海トラフ地震の被害想定
    巨大地震に備える
    Topics 社会現象「相転移」発生と防災
    Column 4 災害用ロボット
     
    6 日本の火山と富士山噴火

    【試し読み】

    newtonB_earthquake_202401_No2_Part6.jpg

    噴火の種類
    警戒すべき日本の火山
    東北地方の火山分布はなぜ帯状になる?
    なぜ近畿・四国・中国地方には活火山が少ないのか?
    巨大地震と富士山噴火
    富士山が噴火したらどうなる?
    超巨大噴火の脅威
    Column 5 鬼界カルデラで世界最大級の溶岩ドームを発見
    Column 6 西之島と福徳岡ノ場にみる海底火山の威力
     

FAQ