HOME > Newton別冊・ムック・増刊 > Newtonライト > 数学のせかい 図形編

Newtonライト 数学のせかい 図形編

      • 理系脳をきたえる! Newtonライト

 

 

Newtonライト 数学のせかい 図形編

 

「形」がわかると,数学がもっと楽しくなる!

数学のせかい 図形編

 2019年3月刊行の「Newtonライト」は,『数学のせかい 図形編』です。

 三角形に四角形,円や球など,私たちの身のまわりには,さまざまな形のものがあります。それぞれの形にはどのような特徴があるのか。ものがその形になっているのはどうしてか。そんな疑問が解決する,「形」の入門書としておすすめの一冊です。


 Amazonで買う 
 ISBN 978-4-315-52148-1
 B5変型判/64ページ
 発行年月日:2019年3月25日
 定価:本体680円+税
 

三角形,四角形,多角形

まずは点と線,角の関係をみていこう
すべての三角形は,内角の和が180度
三角形が“同じもの”といえる条件とは?
三平方の定理を証明してみよう
四角形の中では,正方形が最も特別な存在
多角形の内角の和にひそむ法則
どんな多角形でも,外角の和は360度
coffee break 図形の数学が,科学的な思考の模範となった
 

円と球

身のまわりには,円や球があふれている
円や球の特別な性質が社会を支えている
マンホールのふたは,丸いから穴に落ちない
太陽や惑星は,球形になるのが自然
平面の常識は,球の表面では通用しない
coffee break 丸いとはいえ,実は「まんまる」ではない
 

立体のふしぎ

多面体の辺・頂点・面にひそむ法則とは?
ふしぎな「形の数学」トポロジーとは何か?
つながり方で形を分類してみよう!
coffee break 4次元空間の大どろぼう

曲線のひみつ

噴水の水がえがく美しい軌跡は放物線
放物線と双曲線は,実は円や楕円の“兄弟”
垂らした鎖のカーブが,ガウディ建築の美を生んだ
「最速降下曲線」を使えば,東京から大阪まで8分
オウムガイにも銀河にも。自然界の神秘のらせん
ジェットコースターや道路を安全にする「やさしい曲線」

黄金比の神秘

“最も調和の取れた美しい比”を利用したパルテノン神殿
正五角形の中にあらわれる「黄金数φ」
正多面体の中にも黄金比がみつかる
黄金比を作図でつくってみよう
黄金数をみちびく,1,1,2,3,5…の数列
葉や果実の形がフィボナッチ数と関係?
 


  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら