HOME > Newton別冊・ムック > Newtonライト > 物理のきほん 力学編

Newtonライト 物理のきほん 力学編

      • 理系脳をきたえる! Newtonライト

 

 

Newtonライト 物理のきほん 力学編

 

これ1冊で物理の基本がみるみるわかる!

物理のきほん 力学編

 2018年8月刊行の「Newtonライト」は,『物理のきほん 力学編』です。
  「物理」は,ポイントをしっかりおさえていくことで,確実に先に進んでいける科目です。なかでも「力学」は根幹となる分野であり,さまざまな分野で必要となります。また,力学を知れば,身のまわりの現象の“隠れた裏側”が理解でき,世界の見方がかわるはずです。


 Amazonで買う 
 ISBN 978-4-315-52116-0
 B5変型判/64ページ
 発行年月日:2018年8月25日
 定価:本体680円+税
 

力学のポイント 慣性の法則

「動いている物はやがて止まる」。これって本当?

斜面で球を転がしてみよう

斜面の実験をヒントに「慣性の法則」を発見

「速さ」と「速度」。似ているけど,別物

投げたボールの動きを,垂直と水平に分けて考える

真上に投げたボールが手元に戻る理由

coffee break ニュートンが冴えに冴えた“驚異の年”

 

ここが難所! 加速度と力

鉄も羽毛も,本来は同じように落下する

重力は,物体の速度を増加させる

物理学でいう「力」とは,「物体の速度をかえるもの」

力学攻略のカギ,「加速度」とは?

加速度をもとに,物体の運動のようすがわかる

力の大きさと,質量や加速度の大きさは比例する

coffee break 重力の強さは惑星によってさまざま

 

身のまわりの「力」を読み解く

もし空気抵抗がなかったら,雨粒が凶器になる

斜め方向の二つの力の「合力」は,平行四辺形の対角線

床はつねに,上に置かれた物を押し返している

本棚を押すときは,動き出す直前が一番大変

推せば押し返される。「作用・反作用の法則」とは?

バスの急ブレーキで感じる力の正体は?

coffee break 自由に落ちて重力を“消す”

 

万有引力を理解する

恋する男女だけではない! あらゆる物体は,引き合っている

地球のどの地点から万有引力を受けているのか?

万有引力の強さは,距離の2乗に反比例する

月はつねに地球に落下しつづけている

惑星の運動を読み解いた「ケプラーの3法則」

 

エネルギーと運動量

ジェットコースターで「エネルギー」を考える

滑車とてこは,少ない力で「仕事」ができるすぐれもの

力学の「運動量」は「質量×速度」で決まる

ロケットが飛ぶしくみと「運動量保存則」

 


  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら