HOME > Newton別冊・ムック > 医学・薬学 > くすりの科学知識

ニュートン別冊 くすりの科学知識

ニュートン別冊

くすりの科学知識

薬のしくみと,奥深き創薬の世界

 
くすりの科学知識
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52083-5
A4変型判並製/カラー4色刷/144ページ
発行年月日:2017年12月5日
定価:本体1,500円+税

 

 

 薬とは,一体何なのでしょうか。そもそも「薬が効く」とはどういうことなのでしょうか。体の中には,10万種ともいわれるタンパク質が存在しています。その中の,標的とするタンパク質にぴったりと合い,はたらきを調節する役目をもつ化合物が「薬」です。
 これらの薬は,体の中をどのようにめぐり,どのように効果を示すのでしょうか。また,なぜ薬には副作用がつきものなのでしょうか。本書では,薬のしくみについて,基礎からわかりやすく解説していきます。
 すぐれた薬は,どのようにつくられているのでしょうか。実は,一つの薬が世に出されるまでには,15~20年という長い年月と,数百億円といわれる莫大な開発費用がかかります。本書では,奥深い創薬の世界にも迫ります。ぜひご一読ください!

 

CONTENTS

  • 1 薬の基礎知識

    薬とは何か?

    薬はどうやって患部に届くのか?

    薬が効くしくみ

    副作用がおきるわけ

    くすりに関する身近な疑問

    毒と薬の不思議な関係

    薬の危険な飲み合わせ

    コラム 胃腸薬?どう選ぶ? どんな成分がきく?

     
    2 創薬の世界

    病気の原因を知る

    “薬のタネ”を探す

    副作用を減らす

    新薬開発の流れ

    抗体医薬品

    オーダーメイド医療

    iPS細胞を用いた創薬研究

    今後の創薬科学

    開発中の新薬

    コラム 悪玉コレステロールは体の中で薬を運んでいた!?

    コラム アルツハイマー病治療薬の実現へ大きな一歩

    コラム " バーチャル心臓" で薬の副作用を予測

    コラム がんのウイルス療法の試験的治療が開始

     
    3 画期的な薬

    感染症の特効薬

    コレステロールを下げる薬

    インタビュー 遠藤 章 博士

    C型肝炎の新薬

    がんを狙い撃ちする薬

    インタビュー 前田 浩 博士

    インタビュー 松村保広 博士

     
  • 4 薬の事典

    解熱鎮痛薬

    片頭痛の薬

    肩こり・腰痛・筋肉痛の薬

    風邪の薬

    強心薬

    不整脈の薬

    血圧降下薬

    胃炎・消化性潰瘍の薬

    便秘の薬

    整腸剤・下痢止め

    潰瘍性大腸炎の薬

    痔の薬

    肝臓障害の薬

    膵臓・胆道

    甲状腺

    女性用ホルモン剤

    骨粗鬆症の薬

    うつ病の薬

    認知症の薬

    糖尿病の薬

    皮膚の薬

    眼科用薬

    白内障の薬

    緑内障の薬

    点鼻・点耳薬

    寄生虫・原虫の薬

    泌尿器の薬

    免疫抑制剤

    抗ウイルス薬

    抗生物質

    結核の薬

    がんの薬

    漢方薬