HOME > 科学雑誌Newton > 初代編集長メッセージ

初代編集長メッセージ

竹内 均 初代編集長のメッセージ

この7月で,ニュートンは満18歳の誕生日をむかえます。私にとってこれはもう夢のような話なんですね。18年ちょっと前に,東大を定年退職して,ニュートンを始めようということになったわけです。きれいな写真だとか,イラストを使う,またわかりやすい文章で書いて,というようなことを言ったんですが,みんな私の弟子たちは笑いながら,先生のような素人がそんなようなことをやっても,3か月くらいでつぶれるんじゃないかと言ってみんな大笑いしたんですね。私は3か月でつぶれちゃかなわないと思いまして,一生懸命やって,なんと18年間つづいたわけですね。
きれいなイラスト,それからわかりやすい文章のほかに,もう一つ私がつねに心がけたのが「実証」ということ。実の証拠ということですね。文科系の学者の先生はよく「弁証」ってんでね,弁舌でもって言いくるめるというような方法をとられますが,自然科学ではそういうことをやらないんです。実の証拠をたくさんあげてくるという,このやり方です。このやり方をニュートンでもずっと使ってきました。それで18年間続いたんですから,これからもそういうやり方で,ニュートンの編集をつづけていきたいと思っています。よろしくお願いします。
竹内 均 前編集長
竹内均前編集長は,2004年4月20日に死去いたしました。このメッセージは,1999年に話した内容をまとめたものです。