ニュートン別冊 骨(オリジナルポスター付!)

ニュートン別冊

骨(オリジナルポスター付!)

品切
mook-cover_100315_bones.jpg
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-51874-0
A4変型判並製/カラー4色刷/160ページ
発行年月日:2010年3月15日
定価:本体2,800円+税
 
私たちヒトの骨格,身近なイヌやネコの骨格。骨はどのように体をささえているのでしょう? 頭蓋骨をはじめ,さまざまな骨のもつ情報を読み取ると,その動物の生態や,進化が見えてきます。
 動物の軟組織を透明化し,骨格を染色した「透明標本」というものがあります。軟組織を残すことで,ありのままの骨格を見ることができます。
 そして自然界には,私たちヒトのような内骨格の生物だけではなく,カニやエビのような外骨格の生物が存在します。生命史の中で,最大の繁栄を築き,そして絶滅した「三葉虫」の外骨格には3億年にわたる進化の歴史が刻まれています。
 骨格がもつ機能美,そして進化にせまるビジュアルブック。ぜひ,ご一読ください。
 

CONTENTS

  • 1 哺乳類の骨格
    骨は何のためにあるのだろう?
     動物たちの骨格
     多くの情報をもつ頭蓋骨
     
    2 透明標本で見る骨格

    透明標本で見る動物たち

     

    3 骨格でみる進化
    化石から何がわかるのか
     化石で見る哺乳類の進化
     CTスキャンで恐竜の頭蓋骨を分析する
     頭蓋骨分析で見えてきた肉食恐竜の生態
  • 4 三葉虫の外骨格と進化
    三葉虫がもっていた「外骨格」とは?
     三葉虫の世界
     
    5 アンモナイトの骨格
    アンモナイトの骨格「殻」
     アンモナイトの多様な殻