HOME > Newton別冊・ムック > 工学 > 水素社会の到来 核融合への夢

ニュートン別冊 水素社会の到来 核融合への夢

ニュートン別冊

水素社会の到来 核融合への夢

 品切

 

mook-cover_150515_b.jpg
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52015-6
A4変型判並製/カラー4色刷/158ページ
発行年月日:2015年5月15日
定価:本体2,593円+税

 

 

 

 今,本格的な「水素社会」の実現へ向けた動きが進んでいます。水素は,風力などの「再生可能エネルギー」と組み合わせて脱炭素社会を実現する,クリーンで無尽蔵なエネルギー源として期待されているのです。
 また現在,今世紀半ばの「核融合発電」の実用化をめざし,史上最大の国際実験炉プロジェクトが進行中です。核融合発電は原子力発電とくらべて安全性が高く,発電の過程で火力発電のような二酸化炭素の排出もありません。そして再生可能エネルギーが苦手とする大規模発電が可能なエネルギー源です。
 本書は,こうした未来の社会を支えると期待される「水素」と「核融合」に関する,基礎から最先端の情報を紹介したものです。これからの社会とエネルギーを考える上で,必読の一冊です。

 

CONTENTS

  • 写真で見るこれからのエネルギー
     
    1 水素社会の到来

    よくわかる燃料電池自動車
    発売された究極のエコカー
    エネルギー源は水素
    燃料電池のしくみ ①~②
    水素をつめこむ高圧タンク
    エコカーを比較! ①~②
    普及への道のり ①~②
    MIRAI 開発責任者 特別インタビュー


    水素とは
    水素の基本性質
    水素はクリーンで無尽蔵
    電力と水素


    生産から消費まで
    水素生産 ①~⑦
    水素の輸送 ①~②
    水素発電 ①~③


    水素社会へ
    大変革への歩み ①~④


    CO2を回収して地下に貯留する「CCS」は救世主となれるか?

    もっと知りたい! コラム
    家庭用燃料電池 エネファームとは?
    再生可能エネルギーの現在
    出力変動と再生可能エネルギー

     
  • 2 核融合への夢

    核融合エネルギーとは?
    核融合発電の特徴
    実験炉の建設本格化


    核融合の燃料
    プラズマ
    超高温
    重水素とトリチウム ①~②


    核融合炉のしくみ
    炉の基本構造
    磁力線のかご
    トカマク ①~②
    プラズマの加熱
    原子力発電とのちがい ①~④


    研究最前線
    ITER ①~②
    ITERへいたる道のり ①~②
    ITERを補完する研究 ①~②
    ITER機構 特別インタビュー ①~③


    レーザーで"核融合の火"をつけろ!