HOME > Newton別冊・ムック > 生物学 > 感覚―驚異のしくみ

ニュートン別冊 感覚―驚異のしくみ

ニュートン別冊

感覚―驚異のしくみ

 
感覚―驚異のしくみ
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52038-5
A4変型判並製/カラー4色刷/176ページ
発行年月日:2016年3月25日
定価:本体2,593円+税

 

 

 

 私たちは,まわりの環境を「見る(視覚)」,「聞く(聴覚)」,「かぐ(嗅覚)」,「味わう(味覚)」,「ふれる(皮膚感覚)」ことで知ることができます。どれも当たり前のように感じている感覚ですが,これらはおどろくほど精巧なしくみで生じているのです。
 たとえば視覚では,網膜に映った映像が,反応しやすい色がことなる3種類の細胞に受け取られて脳に送られ,色,形,奥行きなどの要素が分析されます。聴覚では,耳の奥の"毛"の生えた細胞が,"毛"の傾きを利用して音をとらえます。嗅覚では,数万種類の匂い分子を数百種類のセンサーで特定しているのです。
 本書は,人体の魅力と不思議が満載の「視覚」,「聴覚」,「嗅覚」,「味覚」,「皮膚感覚」をあますところなく紹介した一冊です。ぜひご一読ください。

 

CONTENTS

  • プロローグ 脳と感覚のしくみ
    感覚情報の知覚
    ニューロン
    信号伝達
    感覚器官から脳へ
     
    1 視覚のしくみ
    視覚の刺激ー光
    眼の分解
    イラストでみる眼
    目玉を動かすしくみ
    視野
    光量の調節
    ピントあわせ
    見るものの距離
    解像度
    光を受け取るしくみ
    視細胞の分布
    光刺激から電気信号へ
    色覚の統合
    色覚の進化
    脳に届く映像
    盲点
    色覚の認識
    形の認識
    動き・奥行きの認識
    近視・遠視・乱視・老眼
    糖尿病網膜症
    加齢黄斑変性
    網膜症の治療方法
    緑内障
    白内障
    飛蚊症
    眼の先天異常
    色覚異常
    さまざまな眼の病気
    エバーハート・ツレンナー教授 インタビュー
     
  • 2 聴覚のしくみ
    聴覚の刺激ー音
    音の高低
    超音波
    音速
    ドップラー効果
    耳の構造
    音の増幅
    音刺激を電気信号へ
    脳に届く音
    音を聞き分けるしくみ
    コラム 音痴
    加速運動を感じるしくみ
    回転運動を感じるしくみ
    脳に伝わる頭の動き・傾き
    コラム 乗り物酔い
    耳の起源と進化
     
    3 嗅覚・味覚のしくみ
    嗅覚ダイジェスト
    匂い分子の捕獲
    匂い分子から電気信号へ
    嗅覚のふしぎ
    フェロモン
    味覚ダイジェスト
    味蕾
    食べ物分子の捕獲
    味覚のふしぎ
    美味しさと味覚
     
    4 皮膚感覚のしくみ

    皮膚感覚ダイジェスト
    皮膚のセンサー
    圧力センサー
    痛覚・温冷覚センサー
    皮膚から脊髄へ
    体性感覚野
    痛覚