HOME > Newton別冊・ムック > 生物学 > 生き物の超能力

ニュートン別冊 生き物の超能力

ニュートン別冊

生き物の超能力

品切 
mook-cover_120915_life-super-ability.jpg
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-51946-4
A4変型判並製/カラー4色刷/160ページ
発行年月日:2012年9月15日
定価:本体2,300円+税
 

よく知られた生き物であっても,実は私たち人間が想像もつかないような体の構造をしていたり,並はずれた能力を秘めていたりすることがあります。
 たとえば,カエルは舌でとったえさを,目玉を使ってのどの奥へと押しこみます。水深500メートルまでもぐることができるペンギンがいます。虫たちの中には,驚異的な嗅覚や味覚をもっていたり,真空や極度の低温でも死ななかったり,まさに“超能力”とよぶべき能力をもつ種が数多く存在します。
 本書では,カエルやペンギンなどのよく知られた動物たちから,昆虫や深海生物たちまで,さまざまな生物たちの不思議な生態や驚異の能力を紹介します。数々の“衝撃の事実”があなたをおどろかせることでしょう。どうぞお楽しみください。

 

CONTENTS

  • 1 おどろきの生態と知性
    ペンギンは摩訶不思議
    カエルの不思議を徹底解剖
    コラム カエルにせまるさまざまな危機
    コラム オタマジャクシの尾はなぜ消える?
    カラスは鳥の世界の霊長類!?
    受けつがれるチンパンジーの知性
     
    2 虫の超機能
    個性豊かなアリの世界
    「変態」─昆虫が激変するしくみ
    虫の驚異の機能
    コラム 女王バチと働きバチの分かれ目は?
    コラム アブラムシの医療隊が植物を治療
     
     
  • 3 なぞに満ちた水中生物
    魚はなぜ群れる?
    深海の怪物ダイオウイカ
    数千キロを旅するウナギ─なぞの生態
     
    4 進化の歴史と生物の形
    イヌとネコはどこから来たのか?
    カメはいつから甲羅をもっている?
    生物の「種」はどう決まる?
    シマウマの模様はなぜできる?