HOME > Newton別冊・ムック > 天文学・地学 > 地震列島と原発

ニュートン別冊 地震列島と原発

ニュートン別冊

地震列島と原発

品切
mook-cover_120215_earthquake-and-nuclear-plant.jpg
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-51927-3
A4変型判並製/カラー4色刷/144ページ
発行年月日:2012年2月15日
定価:本体2,300円+税
 

2011年3月11日,東北地方の太平洋沖でマグニチュード9.0という,国内観測史上最大の超巨大地震が発生しました。なぜ東北地方でM9がおきたのでしょうか。本書では,この超巨大地震をさまざまな角度から検証していきます。
  東北地方を襲った巨大な津波は,われわれの想像をこえるものでした。現在,各地の自治体が津波の被害想定の見直し作業を進めています。また,東北地方太平 洋沖地震の発生後には,多くの余震が発生しました。余震の回数は減っているものの,今後も大地震が誘発される可能性が指摘されています。本書では,今後の 地震や津波に備える取り組みも紹介していきます。
 現在,福島第一原発事故の収束に向けた作業が進められています。廃炉に向けた中長期のロードマップ,放射能がわれわれの細胞にあたえる影響などをくわしく解説していきます。

 

CONTENTS

  • 1 検証 超巨大地震
    超巨大地震の正体
    誘発される大地震
    前兆はあったか?
    西日本の超巨大地震
    M9の原因は海山か?
    コラム 過去最大だった3.11の津波
     
    2 原発事故と放射能汚染
    事故収束に向けた進捗状況
    廃炉に向けた新工程表
    放射性物質の拡散状況
    原発の運転状況
    被曝のDNAへの影響
    高レベル放射性廃棄物の処分問題
    コラム 森林における汚染状況の調査報告
    コラム 放射線で青く光る安価なプラスチック
     
     
     
  • 3 大地震への備え
    海溝型地震の再評価
    活断層の再評価
    活発化する地震活動 1〜2
    最新津波浸水予測
    液状化の被害と対策
    緊急地震速報
    コラム 地震の海底観測網を本格運用開始
    コラム 宇宙から津波の監視が可能に?
    コラム 塩害に強い植物を探せ
     
    4 地震の根本原因
    なぜ地震はおきるのか?
    コラム 地球以外にも地震はある?
    コラム 地熱の半分は,地球誕生のころのなごり
    コラム 地震のゆれを測る 地震計