HOME > Newton書籍 > ニュートン新書 > 音楽と人のサイエンス 音が心を動かす理由

音楽と人のサイエンス 音が心を動かす理由

音楽と人のサイエンス
音が心を動かす理由

デール・パーヴス(著),
小野健太郎(監修),徳永美恵(訳)

 
音楽と人のサイエンス 音が心を動かす理由
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52588-5
新書判 /320 ページ
発行年月日:2022/08/15
定価:1660 円(税込)

 

 

 なぜ,人は音楽が好きなのでしょうか? 言い換えると,なぜ,特定の音の組み合わせによるメロディーやハーモニーが好きなのでしょうか?
 本書は「人が声を発する仕組み」や「音を認識するメカニズム」「音楽と発声の類似性」など,生物学の観点から「人が音楽を好む理由」にアプローチし,「特定の音の組み合わせが心地よく聞こえる理由」や「音楽によって感情が引き起こされる理由」,さらに「文化による音楽の違い」まで解き明かします。
 普段,何気なく聴いている音楽に対する印象が一変する1冊です
 

CONTENTS

  • 序 章
     
    第1章 音信号と音刺激
     
    第2章 音信号の認知
     
    第3章 人間の発声
     
    第4章 音楽と発声の類似性
     
    第5章 協和音と不協和音
     
    第6章 音階(スケール)
     
  • 第7章 音楽と感情
     
    第8章 文化による音楽と音声の違い
     
    第9章 他分野との関係
     
    付録
     
    用語解説
     
    参考文献
     
    謝辞
     

FAQ