HOME > 書籍 > その他の出版物 > 医学大事典

医学大事典

医学大事典

ロバート・スネッデン(著)
高田龍平(監訳) 竹藪理恵子(訳)

 
医学大事典
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52218-1
B5変型/232ページ
発行年月日:2020年3月10日
定価:本体2,800円+税

 

 

 麻酔を用いた手術、抗生物質による治療―。現代ではあたりまえの治療方法が生まれたのは、わずか100年ほど前のことです。それまで、人々はどのようにけがや病気を治療してきたのでしょうか。
 医学は、細菌説からワクチン接種、ペニシリンの発見など、偉大な先駆者たちのブレイクスルー(大発見)によって発展してきました。
 本書は、そのような先駆者たちにスポットライトを当て、先史時代の原始的な治療法から現代の先端医療に至るまで、医学が発展してきた歴史を紹介した一冊です。感染症や麻酔など、医学を17のテーマに分け、写真と年表を用いてわかりやすく解説します。

 

CONTENTS

  • 第1章 医学のめばえ
    第2章 公衆衛生
    第3章 瘴気
    第4章 皮膚の奥
    第5章 病気の種
    第6章 細菌説
    第7章 証拠探し
    第8章 感染との戦い
    第9章 ワクチン
     
  • 第10章 痛みの克服題
    第11章 抗生物質
    第12章 体内を探る
    第13章 生命の誕生
    第14章 メンタルヘルス
    第15章 移植手術
    第16章 遺伝子医学
    第17章 医療テクノロジー