HOME > 科学雑誌Newton > 宇宙天体百科

宇宙天体百科

2017年7月号

今月の星座
▲クリックすると,拡大画像が表示されます。

星図の日時

6月01日 23時
6月15日 22時
6月30日 21時
7月15日 20時
7月31日 19時

月の満ち欠け
(星図の月は23時)

5月26日 新月(朔)
6月03日 上弦
6月09 満月(望)
6月17日 下弦
6月24日 新月(朔)

北アメリカ星雲

渡部潤一 国立天文台副台長

 夏の星座,はくちょう座は天の川にかかっている星座なので,名所が数多くある。北アメリカ星雲(NGC 7000)は,その一つだろう。一等星デネブの少し北東側にある散光星雲で,水素ガスが発光している水素電離領域(HII領域)である。その形状が北アメリカ大陸にそっくりにみえることからの命名だ。

 肉眼では見えないが,見かけ上,月の直径の4倍ほど,面積では10倍ほどに大きく広がっているために,夜空が暗い場所で双眼鏡などで見れば,なんとか認識できることがある。もともと,最初にその存在を指摘したのは,イギリスの天文学者ウイリアム・ハーシェル(1738〜1822)で,1786年10月という古い時代だったことも,暗い空で条件さえととのえば,適切な望遠鏡や双眼鏡で見えることを示している。
 ただ,同じ空の条件下で見える人と見えない人がいるようだ。同僚のFさんが双眼鏡でよく見えるという一方,私はどうしても見えなかった経験がある。淡い天体を見分けるこつや慣れだけでなく,水素ガスの赤い光が人間の目でとらえることができるぎりぎりであるため,人によって感度がことなるのではないか,と思っている。星雲は写真では,青かったり,黄色かったりもする。実はこれらは撮影した画像を合成するときに,どの元素の光を何色にするかを写真家が決めているためで,いわば合成色であり,一種の芸術作品といっていい。そのため,実際に肉眼でそのような色に見えることは決してない。

なぜ北アメリカの形に?
 写真で見る北アメリカ星雲の形は,実に見事である。とくに,いわゆるメキシコ湾あたりの形状はフロリダ半島までしっかりと再現されていて,地図そのままといってもいい。実は,このメキシコ湾の部分は,光を通さない暗黒星雲(分子雲)によってさえぎられている領域である。この領域の暗黒星雲はL935とよばれている。
 その暗黒星雲を通りすぎた西側にも北アメリカ星雲と同様の散光星雲がある。こちらは,その形状からペリカン星雲(IC5067)とよばれている。実は,このペリカン星雲も北アメリカ星雲も,その形状を特徴づけている手前側の暗黒星雲L935と共に,同一の巨大な雲の一部であると考えられている。どちらも太陽系からの距離は,1600光年から1800光年程度とされているが,その誤差は大きく,正確にわかっているわけではない。

星々の誕生をうながしている
 暗黒星雲L935の中には,若い星々が誕生している。おうし座と同じように,若い星と考えられるおうし座T型の変光星がみつかっているのだ。鹿児島大学の研究グループがこの領域の電波観測を行い,1光年から3光年程度の直径をもつ密度の高いガスの塊を見いだしている。それぞれの質量は,太陽の9倍から450倍と差があるのだが,いずれにしろ星が生まれるもとになることは確かだ。そして,それらの塊の性質が北アメリカ星雲に近い場所と遠い場所とでことなっているらしい。
 最も北アメリカ星雲に近い,暗黒星雲と散光星雲の境界付近では,一つの塊から少なくとも三つのおうし座T型星が生まれている。それに対し,遠い塊は直径が大きいにもかかわらず,まだ赤外線で輝く原始星はたった一つしか生まれていない。北アメリカ星雲では,水素ガスが電離してエネルギーをもち,拡大拡散していく過程で,その一部が暗黒星雲にぶつかり,そこで低温のガスを圧縮するなどの影響をおよぼしているために,星形成が促進されている可能性が高い。数百万年もすれば,メキシコ湾に散開星団が生まれ,北アメリカ星雲の形は崩れてしまうかもしれない。

星ごよみ

●6月  3日 金星の西方最大離角

明けの明星にまわってきた金星が,太陽から46度ほど西に離れ,明け方の空高くマイナス4.3等で輝く。

●6月  9日 満月

今月の満月は,40万キロメートルを超え,今年最も地球から離れ,見かけが小さな満月となる。

●6月15日 土星の衝

土星がへびつかい座で衝(惑星が,地球をはさんで太陽と正反対の方向に来ること)を迎え,0等で輝く。環も大きく開いて見える時期で,観察の好機である。

●6月21日 夏至

太陽の黄経が90度になる夏至となって,北半球ではもっとも太陽が高く上がり,1年のうちで昼間が一番長くなる。

●6月下旬 6月うしかい座流星群の極大

まれに出現する流星群で,1998年に出現したが,その後は姿を見せていない。27日前後に出現する可能性があるので,注意が必要。