HOME > Newton別冊・ムック > Newtonライト > 人工知能のきほん

Newtonライト 人工知能のきほん

      • 理系脳をきたえる! Newtonライト

 
 

 

Newtonライト  人工知能のきほん

 

今,注目の人工知能がスラスラわかる!

人工知能のきほん

 2018年6月刊行の「Newtonライト」は,『人工知能のきほん』です。

 近年,人工知能の性能がどんどんアップしています。将棋や囲碁では,すでに人間の能力を越えました。人工知能が" かしこく" なるしくみや,将来の社会への影響などについて,わかりやすくまとめた一冊です。


 Amazonで買う 
 ISBN 978-4-315-52108-5
 B5変型判/64ページ
 発行年月日:2018年6月25日
 定価:本体680円+税
 

人工知能とは何か?

まさに今,急激に進歩している人工知能

家電から自動運転まで人工知能は大活躍

コンピューターはどのように動いているのか

コンピューターの「丸暗記」と「理解」は別物

「概念」の理解は,簡単なようでむずかしい

 

人工知能はこうして“かしこく”なる

人工知能がイチゴをイチゴと認識する方法

人工知能のお手本,脳の情報処理の方法は?

人間の脳では「シナプス」の変化が学習のカギ

ニューラルネットワークとディープラーニング

より正確に判断できるよう,自らを調整していく

学習をくり返して“かしこく”なる

coffee break 囲碁でトッププロをこえた「AlphaGo」

coffee break お手本無しで最強となった「AlphaGo Zero」

 

人工知能を活用して難題を解く

飛行機や新幹線の重要箇所を人工知能が設計した

人工知能による自動翻訳は,より自然なものが可能に

がんの診断も,人工知能が補助する時代になる?

新薬の開発は,人工知能への期待が非常に大きい分野

自動車の運転も,人工知能におまかせ

自動運転には,少し先の未来を予測する技術が必要

「ビッグデータ」と「人工知能」は相性抜群

coffee break 人工知能で惑星さえも発見

 

人工知能の未来

人工知能は,どのように能力を獲得していくか

「何でも学べる人工知能」のお手本も,やはり脳

臨機応変に自ら設計を変化させ,汎用性を得る

人工知能が人間をはるかにこえる「シンギュラリティ」

私たちを労働から解放し,科学の進歩にも貢献する

人工知能に仕事を奪われる心配はあるのか?

研究者が定めた「人工知能23原則」

coffee break 人工知能の落とし穴

 


  • contactbox_title.gif
  • contactbox_title_sales.gif

    ご注文・お問い合わせフォーム→こちら

    書店様用の注文書→こちら