HOME > Newton別冊・ムック > その他 > 実験と工作─動くもの,浮くものの不思議─

ニュートン別冊 Newton編集長の実験と工作─動くもの,浮くものの不思議─

ニュートン別冊

Newton編集長の実験と工作

─動くもの,浮くものの不思議─

 品切
mook-cover_160515_a.jpg
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-52016-3
A4変型判並製/カラー4色刷/96ページ
発行年月日:2015年6月15日
定価:1,389円+税

 

 

 

 ロケットや人工衛星といった宇宙探査に用いられる器械など,一見複雑そうにみえる科学技術も,大本をたどると,その多くが簡単な原理にもとづいています。
 本書では,さまざまな「力」や「動き」に焦点をあてて,宇宙探査技術や自然現象の原理を楽しみながら学べる実験の数々を,Newton編集長による豊富な解説とともに紹介しています。
 空高く飛び上がるロケット,風見鶏をつくって考える飛行の安定性,水面を進むポンポン船,気圧計をつくって調べる空気の重さ,ペットボトルの中で浮き沈みするおもちゃなど,多くの学びと楽しみがつまった一冊になっています。
 夏休みの自由研究の題材として,親子のコミュニケーションの機会として,ぜひ本書をご活用下さい。

 

CONTENTS

  • 1 ロケットの飛翔を科学しよう

    飛び立つ力はどうやって?

    ロケットの推進力

    吹き矢はなぜ飛んでいく?

    空気の力でロケット発射

    風見鶏はなぜ風上を向く?

    ロケットの姿勢制御

     
    2 宇宙探査を支える技術を知ろう

    まわっているコマはどうして倒れない?

    ジャイロ効果

    探査機はやぶさのお手玉テクノロジー

    弾むもの,弾まないもの

     
    3 動くおもちゃをつくろう

    ポンポン船はなぜ動く?

    水蒸気で得る推進力

    ホバークラフトを作って

    空気の力で浮かせよう

     
     
  • 4 空気の力を実感しよう

    うまく空を飛ぶ方法は?

    凧やグライダーの飛行

    熱気球をあげてみよう

    気球の浮力

    自作の気圧計ではかる

    空気の重さ

    [番外編]携帯用気圧計をもって

    パスカルの足跡をたどる

     
    5 水の奇妙な性質を知ろう

    水中を浮き沈みするおもちゃで

    パスカルの原理を実感しよう

    水面をスイスイ進む

    アメンボはなぜ沈まない?

     
  •  

    mook-cover_150615_b.jpg
    「光や電気の不思議」はこちら