HOME > Newton別冊・ムック > 生物学 > XY染色体の科学

ニュートン別冊 XY染色体の科学

ニュートン別冊

XY染色体の科学

 品切
XY染色体の科学
 
Amazonでのご購入はこちら Amazonで買う 
ISBN978-4-315-51973-0
A4変型判並製/カラー4色刷/144ページ
発行年月日:2013年9月10日
定価:本体2,300円+税
 

 ヒトの性別は,男性と女性の二つです。男性の精子と女性の卵子が結びつくことによって新たな命が誕生します。そして産まれてきた赤ちゃんも,やはり男性か女性かのどちらかです。性別は,いったいどのようにして決まるのでしょうか。  

 ヒトの場合,性別は,「X染色体」と「Y染色体」の組み合わせによって決まります。精子が運ぶ性染色体が「X」の場合は女性に,「Y」の場合は男性になるのです。本書では,X染色体とY染色体に隠された“暗号”をひもとき,性別決定のメカニズム,男女の身長差,寿命差の原因などをわかりやすくお伝えします。

 また,ヒト以外の生物の多様な性のあり方をみることで,「性別がなぜ存在するのか」といった根源的な疑問にも切りこんでいきます。

 

CONTENTS

  • プロローグ 性と生命の不思議な世界

    こんなに違う雌雄の姿

     
    1 染色体からカラダへ

    染色体とは?

    染色体とDNA

    DNAの構造

    遺伝情報を読み取る

    タンパク質の合成

    タンパク質が体をつくる

     
    2 男と女をわけるXとY

    染色体の発見

    「性染色体」は特別

    精子と性決定

    精巣をつくるSRY遺伝子

    SRY遺伝子と減数分裂

    男性ホルモン

    さまざまな性決定遺伝子

    女性のX染色体1~2

    X染色体の遺伝

    Y染色体の遺伝

    Y染色体遺伝子マップ

    X染色体遺伝子マップ

    コラム 膨大な量の精子をつくりつづけるしくみとは?

    コラム 父のミトコンドリアが子に伝わらない理由

     

     

     

  • 3 男と女のちがいをよみとく

    男女の身長差

    免疫細胞

    寿命

    脳の構造のちがい

    行動の男女差

    同性愛

    脳の男性化

    ニューロンとX染色体1~2

    男と女の一生

    コラム 性同一性障害とは何か?

     
    4 求愛と繁殖の科学

    LOVE—求愛行動のふしぎ

    千差万別な家族の姿

    私たちは“におい”に支配されている?

    コラム 雄の涙にフェロモン

    コラム 男はやはり「女の涙」に弱い!?

    コラム フェロモンの有力候補をマウスで新発見!?

    5 奇想天外! さまざまな性

    雌雄同体

    性転換する生物

    温度で決まる性

    たくさんの性をもつ生物

    性別がある理由

     
    エピローグ

    変わりゆくXとY