Newton International Edition(iPad日本語版)

iPad日本語版10月号

2013年10月号

2013年9月25日発売

 

※紙版のNewtonとは別に,iPad向けに制作したものです。

  • 購読料

    1号ごとの購読料: 500円
    年間定期購読(12号):3000円
     
  • ご購入はこちらから
    App Storeでダウンロード

 ※価格は変更になる場合がありますので,アプリ内の購入ボタンに表示される価格を必ずお確かめください。

CONTENTS

Newton Special

どのように月はみえるか 太陽,地球,そして月

地球から最も近い天体は,いうまでもなく月です。月は地球のまわりを公転する唯一の衛星であり,人類にとって古来から特別な存在感がありました。人類が地球以外で足を踏み入れたことのある天体も月だけです。
月の満ち欠けはどうしておきるのでしょうか。また,日食や月食はどんなしくみでおきるのでしょうか。太陽,地球,そして月の関係によって生じる身近な天文現象のしくみを実感しながらみていきましょう。
◇地球に最も近い天体「月」

 

Touch! Science

どちらに電気が流れる?─塩水と砂糖水

塩を水に入れると,次第にとけてしまいます。塩がとけるときに,水の中で何がおきているのか考えたことはありますか? 塩の結晶をつくっている原子や,水分子の動きに注目して,水にとけるしくみを見ていきましょう。また,塩水や砂糖水には,電気は流れるでしょうか?電気が流れるときに水の中で何がおきているのか見ていきましょう。
◇ものがとけるとき,原子の世界では何がおこっているのか?
◇液体によって電気の流れやすさがちがう

 

Scientist

「時間は流れている」という感覚は,幻想だ ポール・デイヴィス博士

 

Scientist

患者自身の細胞でがんをたおす ドナルド・W・キーフ博士

 

Cosmic Wonder

X線で見る激動の宇宙

 

Nature View 

ヒマラヤ山脈 雲上にそびえる“世界の屋根”

 

Nature View

ヒマラヤの野生生物たち

 

科学の森の散歩道

光の速度はこえられるか?“自然界の最高速度”をこえる現象にせまる

 

Science Sensor

 

FOCUS

 

Star Watching

みずがめ座 

 

 

  • 「Newton International Edition」はiTunes App Storeよりご購入いただけます。
  • App Storeでダウンロード